学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

海外生活レポートinチェコスロバキア。

 海外で生活をしている本校OB・OGならびに関係者に話を伺うイベントを始めました。第1回目は、チェコスロバキアでバレエダンサーとして活躍している丸山梨紗さん(2018年卒業)を招いて、チェコスロバキアでの生活や海外生活を通して学んだことについてお話を伺いました。
 現在、丸山さんはMoravské divadlo Olomoucに所属をしており、世界各国から集まっているバレーダンサーと共に、ジゼル、ラ•バヤデール、くるみ割り人形、じゃじゃ馬ならし、ライモンダ、パキータ、Blood wedding などの作品に出演をしてきました。チェコスロバキアで生活をして2年、日常生活ではチェコスロバキア語、仕事は英語と多言語を身につけることができたそうです。『実際に覚えた言葉を使うこと、これが語学上達の秘訣。』と参加した生徒に伝えてくれました。また、コンディション作りなどの観点からも自炊をしているそうですが、日本食を作るために必要な醤油はかなり高価であることなど、現地で生活していないとわからないようなことも教えていただきました。今後もバレエ―ダンサーとして国にとらわれず世界で活躍したいという丸山さんの言葉に大変感銘を受けました。
 参加した生徒からは、「実際に海外で生活をしている人からお話を聞くことで、リアルなことが分かってとても面白かった。」「色々な国でたくさんの人と関わっている姿は理想的で、私も将来、丸山さんのようになれるように様々なことにチャレンジしていきたいです。」等、グローバルな舞台で活躍を考えている生徒たちの背中を押してくれる時間となりました。
 今後も、不定期ではありますが、海外生活レポートを行っていく予定です。