学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

リクルートインターンシップに参加しました。

 3月6日、高校1学年の希望者68人がリクルート本社のインターンシップに参加しました。リクルートとは、カスタマー(客)とクライアント(企業)を繋ぐ役割を担う外資系企業です。「ゼクシィ」「Suumo」「Hot Pepper」「じゃらん」といった、住宅賃貸関係、理容美容関係、旅行関係、就職関係、飲食店関係など、様々なジャンルのカスタマーとクライアントを仲介し、我々に便利な情報を提供してくれています。そのような企業に興味を持った生徒達が行ってきました。

 リクルート本社では、実際に働いている社会人の方々のお話を伺い、社内見学をさせて頂きました。多くの生徒たちはリクルートに対してとても良い印象を抱いたようです。以下は生徒たちの感想です。

 「とてもカジュアルな感じがして、社内の雰囲気がとても明るい」「服装、出社・退社時間、仕事をする座席自由だった。そのため、自分のやりたいことが自由にやれるし、やれることも大幅に増えると思った」「社員が、誰もが人のためになるようなことを考えていて仕事を楽しんでおり、こういう風に働きたいと思った」「自分のやりたいことと、相手の求めるものを結びつけて生き生きと働いている姿を見て、私もそのような仕事に就きたいと思った」「どのように生きていきたかというこだわりを持って行きていくことが1番大切だと感じた。こだわりを意識して生きていきたい」「社会人は、自立という言葉そのものであり、自分の選択が重要になることを学んだ」「自分で判断することの大切さを知った」「色々な生き方があるなら、絶対自分がやりたいことを探してやろうと思った。1度しかない人生を楽しんでいこうと思った」…etc.

 このインターンシップをきっかけに「将来の働き方」について、多くの生徒が考えるとても良い機会となりました。