学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

1学期が無事終了しました。

 8月7日、1学期終業式を迎えました。新しいことばかりだった1学期が無事終わりました。
 今学期は、昨年度末からの休校を継続し、やむを得ず入学式と始業式を中止するなど、かつてない異常事態でのスタートとなりました。オンラインでの授業を行い、やがて新型コロナウイルス感染の流行が収束へと向かう中、分散登校を経て、5月下旬にようやく1カ月半遅れの一斉登校となりました。その後、3密(密閉・密集・密接)となる場面を避け、マスクの着用や手洗いを徹底していく新しい生活様式を取り入れた学校生活が始まり、以来2カ月半、学校と館(生徒寮)の生活を続けることができました。生徒一人ひとりが高い意識と緊張感を持って行動できたおかげです。
 終業式では佐藤校長からオンラインで「こういう世の中でも新しいアイデアで伸びている企業もある。君たちもたくましさや強さを身につけてほしい。ご両親や周りの人たちを大切に、感謝の気持ちを忘れずに、人との距離感を大切に感じながら生きてほしい」と訓示がありました。
 明日からは夏休みになります。再び全国的な感染拡大期に入っている今、例年のような夏休みの楽しみ方はできないことも多いですが、生徒たちにはこのような状況だからこそできる家族との休日の過ごし方を大切にしてほしいと思います。