学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

カナダの子どもたちと理解しあえました! カナダ語学研修⑥

 研修7日目、今日は朝から太陽の光がまぶしく風も穏やかで気持ちのいい一日でした。昨日こういう天気だったらとも思いましたが、連休が明けて登校した生徒たちはみな元気に楽しく過ごした休日の様子を話してくれました。ショッピングや景勝地に出かけたのもそうですが、家族と一緒に教会の礼拝に連れて行ってもらったこと、知り合いを呼んでホームパーティーを開いてくれたことなど、日本と違う異国の文化に触れることができた生徒も多かったようです。

 今日は午後、ボランティア活動として、コルキッツ・ミドルスクール(日本での小学校6年生から中学2年生までが通う学校)を訪問し日本文化を紹介しました。漢字と折り紙、福笑いの3つのグループに分かれ、それらの説明をしながら、カナダの子どもたちにも楽しんでもらおうというものです。最初は日本とカナダのどちらの生徒も少し互いに相手を意識し過ぎて様子をみている感じもありましたが、時間がしばらく経つと、長聖の生徒たちはカナダの子どもたちに日本文化を理解して楽しんでもらおう努力をし、カナダの生徒たちも日本の子どもたちが伝えたいことを理解しようと努力をする、そして、その結果としてどちらからも自然に笑顔が溢れてくる、そんな2つの国の子どもたちの姿を見ることができました。交流を終えた後の生徒たちも楽しそうで、異なる文化を持ったもの同士が理解し合うことの素晴らしさをまさに体感できたひとときでした。

 ここまで本当によい研修ができています。