学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

第2回オープンスクールを開催しました。

10月31日、高校で第2回オープンスクールが開かれました。第1回同様、少人数での体験授業、入り口での検温・消毒を徹底し、開催いたしました。県内外からおよそ150人の中学生とそのご家族の皆様にご参加いただきました。
全体会は生徒会女子副会長の進行のもと、密を避け、体育館で行われているものをオンライン中継し、各教室で行いました。その後、体験授業プラスα コースと体験クラブコースとに分かれ、現在の学校の様子を体感していただきました。
5教科の体験授業はもちろん、文化部の活動を自由に見学・体験できるコーナー、在校生に質問できるコーナーを設け、茶道・華道体験やベースギターや弦楽器の演奏体験、クイズ研究会による早押しクイズ大会体験等を楽しんでいただきました。英語ではELTの教諭とオールイングリッシュの授業であったり、化学は松茸の香りの合成実験の授業であったりと、各教室内は緊張も見られましたが、食い入るように授業に集中していました。
クラブ体験は雲ひとつない秋晴れの澄んだ空気で、運動日和の中での実施となりました。高校と中学の活動の差に戸惑いもあったようですが徐々に慣れ、高校のクラブ活動を十分に堪能できたようでした。
参加した中学生からは「在校生と直接話せるコーナーがあってよかった」、「科学部の実験がキレイだった」、「(書道部体験で)はがきが綺麗に作れてよかった、思い出になった」、「全国で活躍するクラブの体験ができてすごく有意義だった」、「緊張したけど、先輩たちがやさしく教えてくれたので楽しく練習ができました」、「先輩や先生が親切にしてくれて、校舎も設備が整っていて勉強しやすそう」、「すれ違う生徒、教員みんな挨拶してくれて、気持ちがよかった」など、の多くの感想が寄せられました。