学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

佐久長聖ニュース

エリートプラグラム 後半戦!

 3月4日より始まったカリフォルニアエリートプログラムも後半戦に入りました。

 研修6日目を迎えた週末9日(土)は、ヨセミテ国立公園へ観光に行きました。ここでは壮大な自然を目前にして気分をリフレッシュすることができました。ヨセミテ公園観光の後は、マーセドカレッジに戻り、マーセドカレッジ女子バスケットボール部の公式試合を観戦させていただきました。学生スタッフとして、日頃お世話になった日本人学生がコートで活躍している姿と体育館内の応援の雰囲気に興奮しながら観戦をしました。

 10日(日)は、マーセドから場所をサンノゼに移しプログラムスタート。Apple本社近くで最新テクノロジーについて見学をしました。その後、スタンフォード大学へ移動をして、日本人現役大学院生の方に大学内を案内していただきました。アメリカの大学の広大さを大学内あるフーバータワーから感じました。そして、今回のプログラムのハイライトにもなる「将来の目標」についてのスピーチを行いました。なりたい自分について、自分の考えた言葉でしっかりと語っている姿がとても印象的でした。

 11日(月)、現地企業の訪問、そして、医師であり投資家でもあるMosesさんの職場を訪問させていただき、仕事の話や生徒それぞれの将来の目標を語り、それについてアドバイスをいただきました。Mosesさん自身の経験談、日本とアメリカの違いなどを含めて語って頂き、それぞれの生徒の刺激になりました。

 いよいよプログラムも残りわずかになりました。このプログラムで感じたことをしっかりとまとめて帰国したいと思います。