学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

学校概要

佐久長聖のあゆみ

Saku Chosei’s journey

1964年(昭和39)年に「佐久高等学校」として開校した本校は、1995(平成7)年、長野県下最初の中高一貫教育を図るため、「佐久長聖中学校」を併設し、それに伴い「佐久高等学校」から「佐久長聖高等学校」へと改称しました。

「礼節 忍耐 誠実」の心を養い、文武両道における生徒の可能性を最大限に伸ばすために、「知育」「徳育」「体育」および「気育」「美育」の五育を大切にした全人教育に力を入れています。

そして、21世紀の世界をリードできる国際的視野と豊かな人間性、知性を備えた人財(人的財産)の育成に努めるとともに、難関大学への現役合格を可能とする学力の錬成に全力を傾けています。

大学進学状況を見ると、最難関と言われる東京大学の理科Ⅲ類に平成17年度以来4名が合格(現役3名)するなど、県下屈指の大学進学校に成長しています。

また、運動面でも、2度の全国制覇を誇り22年連続で全国大会に出場中の駅伝部、春・夏合わせて9回甲子園に出場している野球部、全国高校総体(インターハイ)での5度の総合優勝を誇る男子スケート部、このほか、男女バスケットボール部、柔道部、剣道部、水泳部、ゴルフ部も全国大会で活躍しています。

In 1995, Saku High School (established in 1964) annexed Saku Junior High School and was renamed SakuChosei High School. It became the first integrated junior and senior high school in Nagano Prefecture.

To fully extend the possibilities of the students in the academic and physical aspects, we put in great efforts and emphasis on the five cultivations: intellectual training, aesthetic cultivation, personality molding, physical education and etiquette awareness.

We also make our best endeavors to elevate our students’ scholastic level as well as their humaneness in order for them to become the brilliant leaders of the next generation.

Our students have also achieved outstanding results in admissions to the most prestigious universities in Japan. From 2015, a total of 4 students have been admitted to Tokyo University (Natural Science III), which is said to be the most difficult faculty. In 2017, 1 student succeeded in admission to Tokyo University and 2 students to Kyoto University. We have established ourselves as a high-ranked school in terms of its educational accomplishment.

Furthermore, in the field of athletic performance, unparalleled results have been achieved too. Our Ekiden team (marathon relay) has taken part in the National Race for 20 consecutive years and took the championship for the second time last year. Our baseball team has also made it to the Koshien (Japan’s High School Tournament) for 9 times. We are also very proud of our men’s basketball team which won the overall title for 5 times. The others include the basketball team, Judo club, Kendo club, the swimming team, the golf team which are all actively participating in the National competitions.

佐久長聖の沿革

The history of Saku Chosei

1964年(昭和39年)
佐久高等学校開校
1971年(昭和46年)
新校舎竣工
1984年(昭和59年)
創立20周年記念
ブレザー制服導入
コース制(進学・教養・体育)導入
1985年(昭和60年)
生徒寮「聖修館」竣工
1986年(昭和61年)
高校聖和館・親学館竣工
1990年(平成 2年)
4コース制(理数・英語・進学・体育)に移行
1993年(平成 5年)
創立30周年記念館竣工
1994年(平成 6年)
スケート部初の全国優勝
東京大学初合格(2名)
夏の甲子園初出場(ベスト4)
1995年(平成 7年)
「佐久長聖中学校」を併設
中高一貫課程創設・「佐久長聖」に校名変更
制服改定
夏の甲子園出場(2回目)
1996年(平成 8年)
女子生徒寮「聖心館」、高校第2体育館「アリーナ」竣工
1997年(平成 9年)
中学校第1回カナダ語学研修2年生全員参加
1998年(平成10年)
高校を類型制(Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類)に移行
夏の甲子園出場(3回目)
長野冬季オリンピックに卒業生出場(4名)
駅伝部全国大会初出場(以後22年連続出場)
2000年(平成12年)
中高一貫課程創設5周年記念「オールバッハコンサート」開催
2001年(平成13年)
中高一貫課程1期生卒業(東大合格者5名)
2002年(平成14年)
夏の甲子園出場(4回目)
2003年(平成15年)
国公立大学合格者初の三桁達成
2004年(平成16年)
学校法人佐久学園から学校法人聖啓学園に設置者移管
創立40周年・中高一貫課程創設10年記念行事
2005年(平成17年)
中高一貫生初の東京大学理科Ⅲ類現役合格
(以後 現役3名 卒業生1名の計4名が理Ⅲに合格)
2008年(平成20年)
駅伝部初の全国優勝
2009年(平成21年)
高校男子寮「聖徳館南館」竣工
ゴルフ部室内練習場「聖緑館」竣工
2010年(平成22年)
高校男子寮「聖徳館本館」竣工
2011年(平成23年)
中学で難関大コース・スキルアップコースを導入し定員増
2012年(平成24年)
夏の甲子園出場(5回目)
2013年(平成25年)
中高一貫課程創設20年記念校舎「聖嶺館」竣工
2014年(平成26年)
夏の甲子園出場(6回目)
高校創立50周年・中高一貫課程創設20年記念式典
駅伝部3回目の全国準優勝
2016年(平成28年)
高校新校舎Ⅰ期工事竣工(南校舎使用開始)
夏の甲子園出場(7回目)
リオ夏季オリンピックに卒業生出場
駅伝部4回目の全国準優勝
2017年(平成29年)
高校新校舎Ⅱ期工事竣工(東校舎使用開始)
駅伝部2度目の全国制覇
平昌冬季オリンピックに在校生出場・卒業生が金メダル獲得
2018年(平成30年)
高校新校舎Ⅲ期工事竣工(西校舎使用開始)
新制服採用
夏の甲子園出場(8回目)
2019年(令和元年)
オンライン英会話を本格的に導入
1964
The opening of Saku High School
1971
Completion of the new school building
1984
20th anniversary of school establishment
Adoption of the blazar uniform
Introduction of course system (academic, liberal arts, physical education)
1985
Completion of dormitory (SeishuKan)
1986
Completion of Seiwa Kan, Shingaku Kan
1990
Transition to 4 course system (science and math, English, Academic and physical education)
1993
Completion of 30th anniversary memorial building
1994
First National championship of skating team
First admission to Tokyo University (2 students)
First entry to Summer Koshien (best 4)
1995
Establishment of integrated junior and senior high school. Renamed “Saku Chosei”.
School uniform modified.
Second entry of Summer Koshien.
1996
Completion of girls’ dormitory (Seishin Kan) and second gym “Arina”
1997
First language training in Canada (all eleven grade students)
1998
Transition to type classification (typeⅠ, typeⅡ, typeⅢ)
Third entry of Summer Koshien
Entry of Nagano Winter Olympics (4 graduates)
First entry of National Ekiden Race (consecutive 22 years of entry thereafter)
2000
Memorial “All Bach Concert” for 5th anniversary of integrated junior and senior high school establishment.
2001
Graduation of first batch of integrated junior and senior high school students (5 admitted to Tokyo University).
2002
Fourth entry of Summer Koshien.
2003
First achievement of more than 100 admissions to national universities.
2004
Transfer educational institution establisher from “Saku Gakuen” to “Seikei Gakuen”.
40th anniversary.
10th anniversary of integrated junior and senior high school establishment.
2005
First admission to Tokyo University (Natural Science III)
(Thereafter 3 students and 1 graduate student were admitted to the same faculty).
2008
First national championship of Ekiden team (marathon relay race)
2009
Completion of indoor golf practice hall ground “Seiryoku Kan”.
2010
Completion of high school boys dormitory (Seitoku Kan)
2011
IIntroduction of junior high school course system (highly-selective course, skill-up course)
2012
Fifth entry of Summer Koshien
2013
Completion of memorial school building “Seirei Kan” in commemoration of 20th anniversary of integrated junior and senior high school establishment.
2014
Sixth entry of Summer Koshien.
50th anniversary of school establishment.
Memorial ceremony of 20th anniversary of integrated junior and senior high school establishment. Second place of Ekiden team for the 3rd time (marathon relay race).
2016
Beginning of use of the new south building
Seventh entry of Summer Koshien.
Entry of Rio Summer Olympics (graduates)
Second place of Ekiden Team for the 4th time
2017
Completion of the second phase of the new school building
National championship of Ekiden Team for the 2nd time
Gold medal at PyeongChang Olympics (graduate)
2018
Completion of new school building.
Adoption of new uniform.
Eighth entry of Summer Koshien.

校名の由来

The origin of our school name

「佐久長聖」の「佐久」は地元の地名を表し、「長」は長野県を示すとともに、長所を伸ばす、盛んにする、リーダーを育てるなどの多様な意味が込められており、また「聖」には長聖中学所在地の地名「聖原」の一字を用いるとともに、賢く、道理に通じた優れた人財(人的財産)を育成したいという崇高な教育的願いが込められています。

“Saku” is the name of place where our school is. The Chinese character “Cho” symbolizes Nagano Prefecture, and also possesses various meanings like extending one’s strength, prosperity and fostering leadership. “Sei” is derived from the name of the place where the Junior High School is located. It reflects a noble educational wish to raise intelligent, wise and excellent individuals.

校章

School emblem

校章

グロ一バルな視野と人間愛をもって世界に羽ばたく若人を現しています。若人の情熱と人間愛をシンボルカラーの赤で、グロ一バルな視野と豊かな人間性を円で、また「知・徳・体」の三位一体をめざして持てる無限の可能性を伸ばしていく姿を白で現しています。

The emblem is a sign of young people playing an active role in the world with a global vision and humane affection. The red color expresses the passion and love of young people. The circle symbolizes the global vision and humanity. The white lines show the expansion of the unlimited potential of our youngsters with the three aspects of knowledge, morality and strength.

佐久長聖中学・高等学校校歌

草野心平 作詞
市村丈一 作曲

一   まっ北に 浅間火の山
西南に 八つの群山むらやま
千曲川 うねうねうねる
佐久の地は うるわしきかな
ここにしてわれらは集う
自主独立の理想に生きて
おお母校 長聖
われらの未来 さんとかがやく

二   群青に 天はれ渡り
みはるかす 日本アルプス
信州に 四季はへめぐり
若人の胸よ 高鳴る
ここにしてわれらは励む
不撓不屈ふとうふくつの精神に燃え
おお母校 長聖
大いなる夢 やがてひらかん