学校法人 聖啓学園
佐久長聖中学・高等学校

ご挨拶

理事長挨拶

From the chairperson

学校法人聖啓学園理事長
医学博士 精神科医
イチカワドイル 徳恵
Chairperson of Educational Institution of Seikei Gakuen
Doctor of Medical Science, Psychiatrist
Ichikawa Doyle Norie

お伝えしたいことが2つございます。

①学校のスローガンについて

メインスローガン「世界の佐久長聖へ」 世界の舞台で活躍する若人を輩出する学び舎。

サブスローガン「英語の佐久長聖」 そのために、生きた英語の習得に力を入れております。

具体的に一部を挙げます。大学入試改革対策として、TOEIC、TOEFL講座の開設、スピーキング能力の向上のためフィリピンの提携大学からインターンシップ生として英語を公用語とする学生の招へい、海外の英語講師とのマンツーマン授業の実施などを通して、生徒達が英語に浸れる学校環境の構築を進めております。

さらに、海外の高校・大学との連携・交流を深め、海外大学への進学をサポートし、世界で活躍できる人材の基盤造りを推進して参ります。

②私が最も大切にしておりますこと

礼節・忍耐・誠実の教育理念のもと、生徒も職員も、学び舎に集うすべての人々が、心からわくわくした毎日を送れる環境作りです。精神科医師としても、私がいつも話していることですが、人間が最大のパフォーマンスを発揮し、満足感を得ることができるのは「~しなくてはいけない(have to)」という考えに基づいて行動をする時ではなく、「~したい(want to)」という感覚に動かされて行動をするときです。わくわく感は、まさしくこのwant to の感覚です。大人になると、多くの人は毎日をhave to の中に過ごすようです。ですが、私も、そして佐藤康校長も、そういったマジョリティには含まれず、want toで行動する二人。そして、want toがもたらすものの素晴らしさに自信を持っており、佐久長聖をwant toでいっぱいにして参ろうと、多彩な仕掛け、工夫の真っ最中でございます。

There are two things I want to convey.

1. About the school slogan

Our main motto “A global Saku Chosei” has led to a large number of young people playing active roles in the world. To achieve our sub motto “English Saku Chosei”, we have put in numerous efforts in acquiring practical English. Specifically, we have opened TOEIC and TOEFL courses to get students ready for the new type National Center Test for University Admissions. We have also invited internships from our affiliated university in the Philippines with English as its official language to enhance the students’ speaking skills. Private Skype lessons from foreign English teachers are available too. We are working hard in creating an environment where students can emerge themselves in an English world.

Furthermore, we are moving forward on reinforcing the foundation of students who can play an active role globally by supporting their further studies in overseas universities and strengthening our ties with affiliated overseas educational institutions.

2. What I value the most

Courtesy, endurance, sincerity are our education goals. We create a place where students and staff who gather at this institution can be thrilled and excited. As a psychiatrist, I have always believed that humans can only maximize their performance and gain a great sense of satisfaction not when they “have to” do something but when they “want to” do something. Excitement arises when you are driven by this desire to “want to” do something. Sadly, grown-ups live a life of “having to” do sorts of things. However, both the principal, Mr. Sato and me do not belong to this majority group. We are people who want to do things. It brings about confidence and we want to make Saku Chosei full of “want to”.

学校長挨拶

From the principal

佐久長聖中学・高等学校 校長
佐藤 康
Saku Chosei Junior and
Senior High School Principal
Sato Yasushi

2020年4月校長就任6年目に入りました。

今年は世界規模で誰もが忘れられない年になることでしょう。「新型コロナウィルス感染拡大」による非日常的な生活を約3か月間過ごすこととなり、そして「リーマンショック」以上の経済的損失あるいは企業の崩壊という信じがたい状況を生んでしまいました。特に日本人にとっては、待望の東京オリンピックの延期や高校生球児のあこがれの甲子園大会の中止・各種イベント中止・あらゆる分野での生活の制限・またそれらのことにより経済活動がストップしてしまいました。すべての人が経験したことがない時を過ごしました。多くの人が自分の「無力さ」を感じたかも知れません。ただ、「無力」ではなかったことも証明されました。それは、色々な「自粛」の協力により、「新型コロナウィルス」から一応の逃げ道を見つけたことです。これからは薬・ワクチンの開発も進むことでしょう。確かに世界中で多くの犠牲者が出ましたが、今後それらの方々の犠牲を決して無駄にすることなく、また人類の進歩を見ることになると信じています。


さて、この不透明で混迷の世の中を生き抜いていくためには「ピンチ」を「チャンス」に変えられる人間性と人間力が必要となってきます。今回の新型コロナ問題もいい意味で新たな時代の幕開けであり、現実を冷静に捉え、前向きに解決していこうとする「強さ」と「逞しさ」も身につけるべきだと私は思っています。そういう意味ではこれからの学校の役割も大きく変わっていかねばならないと思っています。「ソーシャルディスタンス」という新しい言葉が生まれ、「絆」を大切にしながら人との「距離」を保てというこの矛盾しているが正解と思われる考え方、また、単に学習・運動だけではなく例えば「経済」について、「納税」について、「法律」について等、中高生時代にしっかり学べる機会を設けていきたいと改めて感じました。

本校はこれまでもノーチャイム制・カジュアルデー・リフレッシュツアーの導入により自主性の確立がなされてきています。特に「人間性」・「人間力」として成熟しやすい環境作りをこれまで以上に意識していきたいと思います。「自分」で考え、「自分」から行動を起こせる人間へ成長のお手伝いをして参ります。

そして、本校の不変的かつ必要なものとして「英語力」の向上という目標が佐久長聖中学・高等学校の最大の魅力と考えております。


我々教職員の最も大事な役割は「生徒の生命を守り、育ちやすい環境作り」であり、実践あるのみと思っています。

今後、佐久長聖の益々の成長をご期待ください。

It has been six years since I took office as the principal.


This year will be a world-wide unforgettable year. We had to spend an extraordinary life for about three months due to COVID-19, and it caused an unbelievable situation of economic loss or corporate collapse beyond the Lehman shock. Especially for Japanese people, the postponement of the Tokyo Olympics and Paralympics, the cancellation of high school baseball students’ Koshien tournament, the cancellation of various events, and the restriction of life in all fields have been made and those things have brought economic activities to a halt. All the people spent a time that no one had ever experienced. Many people may have felt their helplessness. However, it was also proved that we were not “powerless”. With the cooperation of various “self-restraint”, we found a temporary escape from COVID-19. The development of drugs and vaccines will also proceed. Certainly, there have been many casualties all over the world, but I believe that we will never waste those sacrifices and see the progress of humanity in the future.


In order to survive in this opaque and confused world, it is necessary to have humanity and human power that can change “an obstacle” into “an opportunity”. The COVID-19 storm marks the beginning of a new era and we should acquire the strength and robustness to observe the reality calmly and solve it positively. In that sense, I think that the role of schools will have to change significantly. The new word “social distancing” was born and we are required to keep “distance” with people while valuing “bonds” with people. I once again felt that I would like to provide opportunities for students to learn “economy”, “tax payment” and “law” in their junior and senior high school days.


Our school has been establishing students’ independence by introducing no-chime policy, casual day, and refresh tour. I would like to pay more attention to an environment of “humanity” and “human power”. We will help you to think from yourself and take actions yourself.


We believe that improving English ability is the greatest advantage of Saku Chosei Junior and Senior High School, which is an invariant policy of our school.


We believe that the most important role of faculty members is “to protect the lives of students and create an environment where they can easily grow,” and we are fully aware of it.


Expect the further growth of Saku Chosei.